Joseph's vision

@josephhvisionが下品な話題を極力控えて出会いやナンパについて140字以内で収まらないネタをつぶやくBlog。

奢らない技術

何かと話題になる女性と時間を共にする際のコストについて考えてみた。
僕としても特にノープランだったり突発的に誰かを誘い食事に行く際は面倒なのでこちらがカードを出して精算を済ませるケースが多いが、
出来れば予定になかったり不本意な支出は避けたいものだ。
コンビニのソフトドリンク程度の出費でも充分楽しめるという上手く行く時のアジをしめれば尚更だ。
元々僕は女性とアポを取る際も、即興で声をかけて交わることが出来る際も時間もお金も最低限に抑えたいという思いがベースにある。
学生当時、週末に朝から晩までバイトに励みながら隙間時間に打診をかけ、約束にこぎつけることが出来た日の例として、
18:00に終業、20:00目途に夕食を済ませ、21:00-23:00の間でお目当てと合流してはカー〇〇クスを堪能し、
日付が変わるまでに床につき翌朝は9:00からまたバイトといった生活を送っていた。
毎度の支払いはせいぜい1000円程度。
これらを当たり前に実践していた身としては社会人になって上京後、
いちいち出費が嵩むとはいえ、極力以前のようなスタイルに持っていきたいと試行錯誤を繰り返していった。
誰かと時間を共にする場合に限らず何をするにも少なくとも時間を消費してしまう以上はそれをゼロに抑えることは不可能に近い。
なので考え方を変えて費用対効果として満足感を得られるかであったり、
してやられた感をいかに排除するかといった観点で女性と向き合う際のコスト面で実践していることを振り返ろうと思う。<読み進める前に>

これは僕が学生時代の”如何に出費を抑えながら複数の女性と遊んでいくか”といった実践経験を活かし、社会人になって以降も試行錯誤のうえ定着させていったある種の節約術であり、恋愛や遊びにも活かせる事例となります。※当然びた一文も出費が発生しないわけではありません。

元々女性に不自由していない方は無意識に実践している当たり前の内容です。
本命相手に上手く刺さらない場合や、少し距離や時間を取る必要があったり、前のめりになり過ぎないようにしたい場合も意外とワークします。
⇒他でこなれることで本命向けにも余裕が出てくる。

上手く活用出来れば”女性と遊ぶなら奢る”といった馬鹿げた概念を払拭出来ます。この手法をこの度大好きな氷結ストロング(350ml)のコンビニ販売価格と同じ価格152円で展開させて頂くことに致しました。もちろん購入者に向けた本内容に関するQ&Aや活用の仕方についても個別にDM等のフォローを特典として対応致しますのでこちらも是非ともご活用下さい。


※本記事に関してはnoteでの本編展開となります。
note.mu



アソコのニオイが気になるアタナへ