Joseph's vision

@josephhvisionが下品な話題を極力控えて出会いやナンパについて140字以内で収まらないネタをつぶやくBlog。

悴む指先と人肌と温もりと -Joseph's Issues.0063-

体調を崩して寝込んでいた。
相方が買い物袋を提げて帰宅した。
「具合はどう?」と言いながら上着を脱ぎベッドの脇に腰を下ろす。
「外は凄く寒い」と悴む両手の指先に息を吹き掛けている。

「熱が上がっている気がする」と訴えながら、「ちん子の…」と添える。
彼女の腕を掴みちん子を握らせる。
「凄く暖かい…」と彼女が返すので「もう片っぽはタマキンにでも添えてみればどうか」と申し出る。
彼女の指先は温まり、僕の股間は冷たくて心地良く、ちん子は固くなる。
堪らず布団を蹴り飛ばし彼女のアタマを股間に導くと、小さなクチで歯を立てないようにすっぽりとちん子を咥えた。

暫く変な態勢でいたせいか腰が痛い。